白馬ハイランドホテル スタッフブログ

スタッフブログ
Staff Blog

  • しなの鉄道の新型車両SR-1系に乗車してきた!(後編)

2021.01.24

長野県内の見どころ

しなの鉄道の新型車両SR-1系に乗車してきた!(後編)

ちょっと前のブログの続編です。前編はコチラをどうぞ。
 
しなの鉄道の新型車両SR-1系に乗車してきた!(前編)
http://www.hakuba-highland.net/blog_new/detail.php?id=569

戸倉駅のホームにお目当ての、しなの鉄道の新型車両SR-1系が入線してきました。

青色の車両がとても鮮やかで目立ちますね。車両全体として、信州の「爽やかな風」や
「沿線の豊かな風景」を描いているそうです。

車両のサイドにある青い曲線は、しなの鉄道沿線の「山並み」と「清流」を表しています。

車両の横にあるエンブレムは、しなの鉄道沿線にある11市町村と長野県を表現したものと
なっています。これまでに見たことのない斬新なデザインですね。

ちなみに沿線の11市町村とは、
軽井沢町、御代田町、小諸市、東御市、上田市、坂城町、千曲市
長野市、飯綱町、信濃町、新潟県妙高市です。

 

こちらは、しなの鉄道を走る新旧車両です。赤と青のコントラストが目立ちます。

車内に入ると、このようにシートが内側に向いています。この列車は普通電車での
運用のためシートが内側を向いていますが、快速列車等で運転するときはシートが
進行方向に向くようになっています。

しなの鉄道になってから、実はトイレがなくなってしまったのですが今回のSR-1系には
トイレが復活しました。こちらは車いすの方でも利用が可能です。これで長旅も安心ですね。

車内には、このようなビジョンがありしなの鉄道の沿線案内が流れています。

運転席はこのような感じです。昔は運転手になりたいな・・・
と思っていたこともありました。

車両ができたのが、2020年となっています。これまでしなの鉄道を走っていた車両は
昭和の頃にできた車両だけでしたので、一気に令和に進んできました。

このように、しなの鉄道は五木ひろしの名曲「千曲川」でお馴染みの千曲川沿いを走っています。
おそらく車体の色の青は千曲川の水面の色も表現していると思います。
白馬からは、ちょっと遠いですが長野県の素晴らしさを感じさせてくれる車両だと思います。
鉄道好きの皆さん、そうではない皆さんも機会がありましたらも一度乗っていただきたい車両です。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
セレクトショップの人気商品がここに!
白馬ハイランドホテル Smile Shop
https://898highland.thebase.in/

メルマガ会員募集中です。旬の白馬の情報をお届けします。
詳しくはコチラまで
http://www.hakuba-highland.net/page/179

ブログ記事のコメントやご意見など、
お気軽にこちらにいただければ幸いです。
はいらんど談話室
https://Hakuba-highland.apage.jp/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カテゴリーCategory

月別アーカイブArichve

ページの先頭へ戻る