白馬ハイランドホテル スタッフブログ

スタッフブログ
Staff Blog

  • 【12月だから長野県内のイルミネーション見に行ってみた】第1弾 国営アルプスあづみの公園 穂高・堀金地区 光と森のページェント

2021.12.06

長野県内の見どころ

【12月だから長野県内のイルミネーション見に行ってみた】第1弾 国営アルプスあづみの公園 穂高・堀金地区 光と森のページェント

12月になり冷え込みが厳しくなる時期、キラキラと輝くイルミネーションは見るだけで
私達のこころを温かくしてくれますね。そんな、今が旬の長野県内のイルミネーションを
数回にわけてご紹介させていただきます。
 
第1回は、安曇野市にあります長野県内最大級のイルミネーションとしてお馴染みの
「国営アルプスあづみの公園 穂高・堀金地区 光と森のページェント」です。



ハイランドホテルからは、車でおよそ1時間の距離にあります。

出かけた日は、週末の土曜日ということもあり家族連れやアベック(ちょっと死語ですかね・・・)
など多くの方々が訪れていました。駐車場もほぼ満車です。

館内に入ると、ポインセチアのモニュメントがあります。12月を代表するお花ですね。
こちらで、入園券を買います。
 
入園料は、大人(15歳以上)が450円、シルバー(65歳以上)が210円、
小人(小中学生)・幼児はなんと無料です。
お子様連れの皆様、これは是非とも行くしかありませんね。

入園券を買ってまずは、この光のトンネルを越えていきます。この先には一体何があるのでしょうか・・・

こちらが、メインステージです。今年のテーマは、「アルクマと行く~信州の豊かな山なみ~」です。
信州の季節の移り変わりや豊かな山並みや清らかな水の流れを長野県のPRキャラクターのアルクマくんや
その仲間たちが紹介をしてくれます。思わず、何回も見入ってしまうこと間違いなしです。

このように、会場内は池を中心にぐるりと1周することができますので、
上から眺めるのとは違った雰囲気を味わうことができますよ。

また、場内各所にこのような「アルクマ出没」という看板が立っています。
その看板にあるQRコード部分をかざしてみると・・・

スマホ上にこのような画面が出てきます。中央のリンゴの部分を押してみてください。
(こちらの写真を押しても、もちろん何も起こりません(笑))
そうしますと、一体何が起こるのでしょうか・・・これは会場に行ってみてのお楽しみです。
 
こちらのイベントは来年の1月10日(月)まで開催されます。時間は16:00~21:00までですので、
食事の前にちょっと出かけてみてもOKですし、白馬にお越しになる前に立ち寄られても大丈夫です。
毎週日曜日の18:30~は打ち上げ花火も上がるそうです。
 
温かい光の温もりを感じさせてくれる素敵なイベントとなっております。
 
イベントの詳細等は、国営あづみの公園のホームページをご覧ください。
http://www.azumino-koen.jp/horigane_hotaka/new/topics.php?id=2368
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
クリスマス★ステイ<12/24-25の2日間限定> 白馬ハイランドホテルで過ごすクリスマス♪
今年のクリスマスはハイランドで過ごしませんか!
http://www.489pro.com/asp/489/menu.asp?id=20000027&ty=ser&list=YES&liop=1&_ga=2.258460874.1368440840.1637822443-155572678.1633695316#116

白馬ハイランドホテルは、感染症対策に取り組んでおります。
新型コロナウイルス感染症への安全対策について
http://www.hakuba-highland.net/page/177

メルマガ会員募集中です。旬の白馬の情報をお届けします。
詳しくはコチラまで
http://www.hakuba-highland.net/page/179

ブログ記事のコメントやご意見など、
お気軽にこちらにいただければ幸いです。
はいらんど談話室
https://Hakuba-highland.apage.jp/
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カテゴリーCategory

月別アーカイブArichve

ページの先頭へ戻る